怒りとイライラをコントロールする7つの解消法

Pocket
LINEで送る

「何だあいつ!?」「ムカつくなぁ~!!」
あいつ! 怒り 

「何で私のことわかってくれないの!!」
パートナー けんか わかってくれない!

「あぁ~~何で!?こんなうまくいかないかなぁ!!」
モヤモヤする

あなたは普段こんなことありませんか?

イライラしていると気分も悪くなりますよね。
そして、どんどんイライラすることが増える。

多くの人はそのイライラした感情をコントロールすることができません。

それは感情そのもののコントロールを教えてもらうことがないからです。

ただ、怒りの感情やイライラした気持ちが持続
し続けることは、何のメリットにもなりません。

そこで、この記事では怒りやイライラを
コントロールする7つの解消法をお伝えしたいとおもいます。

この記事を読み、7つの解消法を日常で活かすことが
できるとあなたの心が楽になります。

はっきり言って!
これはシンプルかつ究極の解消法です。

ぜひ、お試しあれ!

怒りとイライラをコントロールする7つの解消法

1、とにかく叫ぶ!
2、一呼吸おく
3、イライラした事をみとめる
4、何にイライラしているかを知ろう
5、言葉を使ってイライラを手放す
6、ご機嫌リストをつくろう
7、好奇心で人を見る

では、解説です。



スポンサーリンク

1、とにかく叫ぶ

叫ぶ!
まずは、イライラした時に
その怒りを感じて、イライラを表現
することをしてみてください。

多くの人は
怒りやイライラの感情を
我慢します。

この我慢が積み重なると
やがて爆発します。

すると、自分でもコントロールが
きかなくなります。

まずは感情をその場で
できるだけ早く開放することが大事です。

そこで、まずやって欲しいのは

とにかく叫ぶってことです!!

「ムカつく!!」「あぁ~~!イライラするな!!」

人によって怒りやイライラを感じる
度合いは違います。

まずはイライラを十分感じて下さい。
そして、思いっきり吐きだして下さい。

詳しくは下の記事も参考にどうぞ↓

一瞬にして心がスカッとする5つのストレス解消方法

7秒で感情をコントロールする5つの方法

2、一呼吸おく

深呼吸
とは言っても・・・

怒りやイライラを感じた時に
その場でイライラをぶちまけるわけにはいきません。

誰かと会話している時。
話し合いをしている時。

他の人の言動や態度にイラっとする。
怒りを感じてしまった時。

会社や公共の場で怒りやイライラを感じた時

瞬時に感情爆発させるわけには
いかない。

まずは、冷静になる必要もあります。

全ての感情はエネルギー

怒り 破壊 エネルギー
イライラや怒りってのはどちらかというと
破壊的エネルギーです。

怒りやイライラを持続させると
自分にとっても周りにとってもよくないのです。

よく、イライラしている人は
何ふりかまわずイライラをぶちまけたり
人にあたったりします。

そんな事をしていたら、人間関係もうまくいかないです。

※人間関係をよくする記事はこちら↓

人間関係の悩みを解決する9つのステップ

まず、自分が怒りやイライラを
感じたらやって欲しい事があります。

呼吸に意識を向けて下さい

深呼吸する
イライラしている時。

きっとあなたの呼吸が早くなっている
ことに気づくと思います。

まずは、一呼吸おく

そして、できれば深呼吸をしてみてください。

これだけでも、イライラの度合いがおさまります。

怒りやイライラがやわらいでいくのを
感じられると思います。

呼吸に意識を向ける事は
あなたの日常にいろんな事で
影響を与えてくれます。

詳しくは下の記事を読んで見て下さい↓

誰でも簡単にできる健康を維持する11の習慣

3、イライラした事を認める

あなたはイライラした時。
怒りを感じた時。

その瞬間に、どんな行動や態度や反応をするでしょうか。

1、2、でもお伝えしましたが
まずは感じた感情をうやむやにしないことが
大事です。

その為にも

怒りやイライラを感じたら

「あぁ・・今自分はイライラしているんだ」
「あぁ・・・私は今怒りを感じているんだ」「怒っているんだ」
と自分が怒りやイライラを感じている事を

自分自身に言い聞かせることが大事です。

ここで気をつけないといけないことがあります!

怒りやイライラしている時。

出来事と状況を思い出したり
口にだしたりしないことです。

過去に自分がイライラしたこと。
怒りを感じたこと。

これらが起きた状況を心の中で考える。
無意識のうちにそれらを何回も繰り返す。

それをする事で、怒りの感情がまた湧き上がってきます。

これをやるといつまでもイライラする。
怒りがまた再発します。

あくまでも怒りを感じた時は
状況を語るのではなく、怒りやイライラという感情。

感情そのものの言葉だけを表現して下さいね。
体を使って語ってもいいですよ。

※無意識についての記事を書いています。こちらもご参考に↓

己を知り自分を変える7つの真実とあり方とは

潜在意識を書きかえ心のブレーキを外す人生を変える7つの方法

4、何にイライラしているかを知ろう

怒りイライラという感情は
もともとその裏に違う感情がかくれています。

その感情は様々です。

まずは、自分がどうしてイライラしているのか。
どうして、怒りを感じていたのか。

後で客観的に見て感じて知るということ。
これが私達にとって必要なんだと思います。

怒り・イライラして感じたことを紙に書き出してみよう!

ノートに書く
怒りやイライラを感じた時。
その時に感じたイライラや状況を書き出してみましょう。

こうすることで、自分が何に怒っていたか。
イライラしていたかが、客観的にわかるようになります。

また、紙に書くことで、忘れられるという効果もあります。

ぜひ、ためしてみてください。

5、言葉を使ってイライラを手放す

怒りやイライラは放っておくと
ますます手がつけられなくなります。

そんな時は、言葉の力で
怒りやイライラをおさえる方法があります。


それが、
お殿様になる!です。

怒りやイライラを感じきったあと
下の言葉を言うと良いでしょう。

「まぁ~~~よい!!よい!!」
おとのさま
と声にだして言ってみましょう。

そんな事思えないほどの怒りが
あったとしても

この言葉を使って自分をなだめると
怒りやイライラがおさまります。

これをやる事で
過去にあったイライラした出来事。
怒りを感じた事。

これらをできるだけ思いださない効果があります。

他にも

この人自分とちょっと違うなぁ
「なんだこいつ!」
と思う時があると思います。

そんな時は、

「おもしろい!!!!」

と手をたたいて指を前にだしてみて
言葉で言ってみて下さい。

「おもしろい!!」

これが次につながりますが

6、好奇心で人を見る

あなたは毎日怒りやイライラを感じて
生きていきたいですか?

できるだけ怒りやイライラを感じないで
日常を過ごしたいと思いませんか?

人は怒りを感じイライラするのは当たり前

まず、人はイライラする事を感じる生き物だって
ことを前提としてもっておいて欲しいです。

私も、あなたも、あなたの周りも
みんなイライラや怒りを感じるのは一緒です。

ただ、そこにイライラする度合い。
何があったら怒りやイライラを感じるか。
それが違うだけです。

できるだけ、自分にとっても
周りにとっても良い関係を気づく為にも

人の見方を変える

普段日常から接する人の見方を
変えていく事。

人は十人十色。

人それぞれいろんな考え方。
いろんな価値観を持っています。

好奇心を持って人と接してみましょう。

そうすると、面白い発見があると思います。

僕はこの見方をする事でいろんな人がいることを知れて
人それぞれいろんな考え方や価値観があるんだなぁ~
という事を改めて知ることができました。

いろんな人の事を受け入れることができました。
認められるようになりました。

最後にお伝えするのが、

7、ご機嫌リストをつくろう

ご機嫌 不機嫌
あなたは毎日怒りやイライラを感じる。
その状態でいたいですか?

たとえば、
いつもご機嫌な自分。
いつも不機嫌な自分。

どんな自分で在りたいですか?

どっちの自分が自分らしくいれますか?

どっちの方がより幸せを感じられやすいでしょうか?

できるだけご機嫌が良い状態が
あった方がいいと思いませんか?

僕はその方が、あなたにとっても良いと思います。

あなただけでなく、あなたの周りと関わる人達に
とっても良いと思います。

ご機嫌の状態をつくりだせば
イライラや怒りは感じにくくなります。

人はご機嫌な時は
イライラや怒りを感じにくいです。


怒りやイライラを感じた時は、
逆に自分の楽しい事や面白いことを
思い出せることが大事です。

まずは、

ご機嫌リストをつくろう

「あなたは何が好きですか?」「どんな物が好きですか?」
それらを50個くらい紙に書いてみましょう。

そして、書いたものをいつでも思い出せるようにして
おきましょう。

具体的に書くと50個だしやすいですよ。

ご機嫌リストを自分がいつでも見えるようにしておこう!

自分の心の状態がイライラしている。
怒りがおさまらない時。

ここでつくったご機嫌リストを見る。

そうすることで、怒りやイライラを解消することができます。

まとめ 

いかがでしたでしょうか。

怒りやイライラすること。
感じることは決してわるいことではないです。

もし、あなたが怒りやイライラを感じたら
その感情を大事にして下さい。

もしかしたら、何かに気づけるサインなのかもしれません。

過去の自分は何かと些細な事で
イライラしたり

どうでもいいことで
怒りを感じたりしてました。

これってすごく疲れるし
ナンセンスなことが多いです。

僕はそんな状態を変える為に
ここでお伝えしたことを今でも
忘れずやっています。

そうする中で日々変わっている自分。
成長している自分をすごく感じられます。

ぜひ、ここでお伝えした
7つの事をあなたの日常の中で活かしてみてください。


きっとあなたに何かしらの変化が
おこることを信じています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

他にもこの記事に関連した記事を
書いています。

読んで見て下さいね。

気持ちが落ち込む時に立ち直れる7つの方法

7秒で感情をコントロールする5つの方法

一瞬で自分のあり方を変える事ができる3つの方法



スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ